日本は世界第3位の紙消費国でありながら 紙の原料を輸入に頼っています
      紙製品を作るために 緑豊かな自然を破壊しています
      木材パルプを使用しなくても、良質な繊維ならば“紙”は作ることができます
      少しでも“非木材紙”を利用して、森林の保護・地球の温暖化防止に 
      役立てようとする動きがみられ始めています

主な非木材紙の原料
☆天然植物繊維 竹・エスパルト・葦・サバイグラス・パピルス・雁皮など
☆農産廃物繊維 さとうきび・バナナ・パーム椰子・麦わら・稲わら・とうもろこし茎など
☆栽培植物繊維 ケナフ・ジュート・ラミー・アバカ・コットンリンター・亜麻・楮(こうぞ)など



環境に優しい非木材紙大豆油インキで作る箸袋(長井紙業)


木材パルプではなく、ツリーフリー非木材紙普及協会認定の非木材紙(竹パルプ10%以上)を使用しインキについても全てエコマーク認定の環境に配慮した大豆油インキを使用した、森林資源の保護や地球温暖化の防止に役立つ箸袋を作っています

    竹(バンブー)
        種類は根茎から生育する竹と、株から生育するバンブーに分けられる。
        繊維は比較的短いが大変美しく細やかな仕上がりの紙ができあがる

    大豆油インキ
         インキ中の石油系溶剤と、乾性油の全て、または一部を大豆油に置換した大豆          
         油インキはエコマークとソイシールの認定を 受けている


             
            
          マーク・メッセージをご自由にお入れすることができます
 

ツリーフリーマーク
非木材原料をバージンパルプの代替原料とする事で木材資源の過剰な消費を抑えると共に、ツリーフリー基金によって植林・緑化運動を推進し、地球緑化や温暖化防止に貢献しています。非木材原料が10%以上の商品につけるマークです。
非木材紙普及協会の認定マーク
地球環境保全に役立てる為に木材の代替資源としての非木材紙を利用した紙製品を研究会開発し、その普及・啓蒙活動を図ることを目標として設定された協会です。非木材原料が10%以上に商品につけることのできるマークです。
エコマーク
私たちの周りにあるさまざまな製品の中で、環境負担が少ないなど環境保全に役立つと認められた商品につけられるマークです。暮らしと環境の関わりを考えたり、環境に優しい商品選択に役立てられることを目的にしています。

   

非木材紙コップ (東罐興行株式会社)

パルプ原料の一部に、非木材植物繊維を使用
使用感も、加工過程も通常の紙コップと
ほとんど変わりがありません
ケナフ水切袋 (ボンスター販売)

1年草植物ケナフ(麻の一種)から作られる食物繊維で
木材パルプの代替品として使用される
非木材資源です
また 燃やしても有害ガスが発生しません
カレントエコロジーティッシュ
        (明治製紙株式会社)

再生パルプ60%・純粋パルプ40%を使用しています
これを70パック使ってもらえば
1本の木(直径14cm・高さ8m)を切り倒さずにすみます